車検の見積書の見方を解説します

高い車検を寄り満足度の高い内容にするためには、見積書を出してもらってどんな作業をしてもらっているのかを確認する事も大切です。法定費用と呼ばれる自賠責保険や重量税、印紙代に関してはどこの業者を見ていても変わらない部分ですから、それも見ておきましょう。業者によって違ってくるのはそれ以外の基本料や点検費用とも呼ばれる部分です。24ヶ月点検整備や検査代、代行手数料などの業者の取り分なので、ここの設定に関してはピンからキリまである印象を受ける事でしょう。保安上交換しなくてはいけない基準があるのでその部分に関してはどの業者も同じように提示しますが、時には他の部品なども交換しませんか、または見積にそっと入っている事があるので、必ずチェックしておきましょう。

いろんなところに見積を出してもらおう

車検に出せるお店も、ディーラーや民間の整備工場だけでなく、自動車販売店や最寄のガソリンスタンド、カー用品店など本当にいろんな場所を選べるようになりました。安くしたいと考えるのであれば、ひとまず見積書を出してもらう事になるのですが、できればいろんなタイプのお店に出してもらう事もおすすめします。ディーラーは高いとは言われますが、メーカーを背負っていますのできっちり整備してくれますので安心感は抜群です。民間の整備工場はやや安くなりますが、程よい印象ですし、ガソリンスタンドやカー用品店であればかなり安めになるだけでなく、自動車屋さんに行くのに勇気がいるというように敷居の高さを感じる方は意外とこちらの方がよく感じたりもするからです。見積書を見ながら、家族や友人などとも話し合って出すところを決めましょう。

じっくり内容を見比べておくこと

車検は高いから見積書もとりあえず出してもらえと作業をすることも多いかもしれませんが、やはり何となく金額が安くなっていたところでという出し方だとあまりこれまでと変わらなく感じることもあります。過去の支払いの料金が分かっているならそちらと比較してみるのも良いですし、整備費用の部分を金額だけでなく細かく作業内容についても見ていくといいでしょう。難しいと感じるなら業者に内訳やどんな事をしているのかを聞いておくのもいいですし、家族や友人などに車好きな人がいるならチェックしてもらうのも手です。あまりに自動車の中身には詳しくないという方もいますので、その場合には金額も気にしつつ予算内でなるべく安心できる整備をしてもらえるところを決めた方が、最終的には安心度も違ってくるのでおすすめです。